第49回日本小児外科代謝研究会 会長挨拶

会長 吉澤 穣治

第49回日本小児外科代謝研究会
会長 吉澤 穣治
東京慈恵会医科大学外科学講座小児外科

第49回日本小児外科代謝研究会をお世話させて頂くことになりまして大変光栄に存じます。本研究会を慈恵医大でお世話させていただくのは初めてのことで、医局員一同うれしく思っております。

今回のテーマは、「静脈・経腸栄養における知りたかった!その一工夫」とさせていただきました。我々が日常行っている手法は、先輩方の工夫の積み重ねによってつくられ、継承されているものです。そして、さらに一工夫を加えることで、より洗練されたものに進化していきます。日々の診療の中で、先生方が、ちょっと工夫したら、非常に良くなった手法、あるいは、代々受け継いでいる工夫などをご披露いただきたいと思います。

また、今回は小児集中治療ワークショップとのコラボレーション企画として、「重症児の術後栄養管理」を要望演題の一つに加えました。

さらに、研究会では演者とフロアとの双方向のやりとりができるように、アンサーパッド(フロアの方々のご意見をその場で集計可能なシステム)をすべての発表で使用できるように準備しますので、質問と択一式の回答のご準備をお願いします。ご発表の最後に、フロアの意見をお尋ね頂きまして、質疑応答をより活発なものにしたいと思います。

【お問合せ先】

PS-PIC 2019 OSAKA 運営準備室

〒810-0041 福岡市中央区大名2-6-5 天神西通り館6F
TEL:092-715-0633 / FAX:050-3730-8614
E-Mail:contact@ps-pic2019.com